活動内容

つなごうネットでは、支援を要する人ごとに、個別に支援チームを作って、次のようなメニューの具体的支援を行っています。

1)各支援者と要支援者との連絡調整、面会手段の確保等
2)福祉サービス等を得るための具体的選択肢を示した「福祉サービスシート」の作成及び交付若しくは更生支援計画書の作成及び交付
3)各種障がい者手帳の取得申請手続支援
4)各種年金、各種給付金、生活保護等受給申請手続支援
5)成年後見等選任申立手続支援
6)その他要支援者の再犯防止と社会参加の目的を実現するために必要かつ相当な支援

個別の支援事例について
〇最新の事例で47号事件(2021.5.5現在)
〇更生支援計画の作成に至ったもの 4件(2019.6現在)
 そのうち
 〇証人尋問を実施したもの 3件(2019.6現在)
 〇更生支援計画書を刑事施設に引き継いだもの 2件(2019.6現在)
 〇服役を終えて出所し、出口支援にも関わったもの 1件(2019.6現在)

また、個別支援以外にも、定期的・継続的な活動として、定期検討会と合同研修会を行っております。

定例検討会は概ね1~1.5か月に1回開催し、20~30名程度の参加者がいます。主に、情報交換や合同研修会の検討、個別支援事例の報告や検討を行っています。

合同研修会は年2回行い、内容としては外部講師の講演と事例報告が中心となります。参加者は60~80名程度です。